有閑倶楽部・原作と主人公の違いに注目

10月16日(火)の午後10時から、KAT−TUNの赤西仁が主演のドラマが始まります。
キャストも、ずっと、主演の赤西仁クン以外は未発表という異例の事態でしたが、やっと発表されました。
あとは、ドラマの始まりを待つばかりです。

さて、「有閑倶楽部」という漫画は、20年以上も前の作品です。
原作者は、有名な漫画家の一条ゆかりさんです。
一条ゆかりさんの漫画は、ドラマ化されているものが結構あります。
昼にやっていた「砂の城」という話は、結構感動ものでした。
でも、今回は、一条ゆかりさんにしては珍しいコメディです。

原作の有閑倶楽部での主人公は、剣菱悠里という女の子です。
そして、有閑倶楽部という作品は、以前も、単発でドラマ化されました。
そのときの主演は国生さゆりさんでした。
でも、今回は、単発ドラマではなく、連続ドラマです。
そして、主人公は、赤西仁が演じる、松竹梅魅禄です。

原作と、ドラマでは主人公が違います。
ということは、内容も多少ちがってくると思います。

キャストもなかなか発表されなかったので、ファンのみなさんにとっては、興味深いドラマとなりそうです。

そして、主演を演じる、赤西仁に要注目です。
原作と同じように、ピンク色の髪にするのでしょうか。
どれだけ原作のイメージと近いのかも楽しみの一つです。
それとも、主人公もドラマと原作では違うので、ストーリーもまったくちがうものになるかも。
みどころの多いドラマとなりそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。